競馬NEWS

桜花賞データチェック【レース傾向】

こんばんは。 今日は桜花賞のレース傾向をチェックします。 ■桜花賞データチェック まずは外回りコースでの開催になって以降4回のレースラップと、 上位馬の位置取りを見てみましょう。 ・桜花賞レースラップ ------------------------------------------------- 07 35.7 - 24.1 - 33.9 3- 3③ 7- 6① 3- 3⑦ 08 34.6 - 23.9 - 35.9 10-10⑫ 6- 6⑮ 8- 8⑤ 09 34.9 - 24.2 - 34.9 16-16① 12-12② 14-14⑤

桜花賞で消せる1勝馬は?

統計データ分析予想GKJのメルマガのご登録は、http://www.gkj.jp/magazine.html 統計データ分析が終了したので、桜花賞予想で残るキーファクターは 『馬場状態』&『枠順』、『展開』、『調教値』になりました。先週の馬場状態が続くようだと、圧倒的に内枠が有利になりますが、どうやら週末の阪神は雨模様ですね。日曜日は晴れるようですが、馬場の回復具合によっては、思わぬ大穴が飛び出す可能性もでてきました。念のため『重の巧拙』も予想ファクターに追加しておきます。 過去10年間の桜花賞で3着以内に来た30頭のうち29頭までは、芝1600m戦に出

先週は何ともチグハグな結果に…

こんにちは、ビル・ゲッツです。今週はいよいよ牝馬クラシック第1弾の桜花賞ですね。最有力候補だったレーヴディソールの戦線離脱は残念ですが、一気に混戦模様となって馬券的な妙味は格段にアップしました。どの馬がオススメ軸馬としてピックアップされるのか、私にもまったく想像がつきません。 さて、それでは先週の結果を報告します。オススメ軸馬として発表した59頭の着順と、推奨馬券の成績は以下のようになりました。 1着14頭、2着10頭、3着2頭で、勝率23.7%、連対率40.7%、複勝率44.1%。勝率と連対率に関しては先々週などに比べればまだマシと言えますが、

阪神牝馬Sデータチェック【レース傾向】

こんばんは。 ACL第2節はFCソウルに1-1のドロー。 正直もう永井しか見どころのないチームですよね…情けないです。 根本的にどうにかしないと、ACLどうこう言ってられないでしょう。 今週は土曜の阪神牝馬Sと日曜の桜花賞を予想します。 今日は阪神牝馬Sのレース傾向をチェックします。 ■阪神牝馬Sデータチェック まずは近5回のレースラップと、上位馬の位置取りを見てみましょう。 ・阪神牝馬Sレースラップ ------------------------------------------------ 06 33.8 - 11.2 - 36.2 3-

桜花賞の統計データ分析

統計データ分析予想GKJのメルマガのご登録は、http://www.gkj.jp/magazine.html 過去20年の桜花賞優勝馬は、地方競馬出身のアローキャリー(逃げ馬)とグチャグチャの不良馬場のチューリップ賞で惨敗したチアズグレースを除くと、ステップレースでは5着以内に入っていました。つまり、逃げ馬や不利のあった馬以外で前走にて大負を喫している場合は、調子が下降しているか、成長がSTOPしたのか、どこか馬体や脚元に問題があるのかもしれません。なので、ダンスファンタジアについては、母譲りの燃えすぎる血筋でもありますので、当日の気配は要チェックですね

産経大阪杯の回顧

では産経大阪杯を振り返ります。 日曜阪神11R 産経大阪杯 ◎1人気1着 ※クリックして拡大してご覧ください 3f-4f-3f=35.8-46.7-35.3 昨年までの5回では中盤4ハロンがすべて48秒台で流れていましたが、 今年はそこで46.7秒と異例の速さ。レコードの出る速い馬場を考慮しても、 道中息の入るところがなく、先行馬には厳しいレースになりました。 勝ったのは◎ヒルノダムール。 道中は中団やや前目をインから追走。 直線も内からしぶとく伸び、最後は首の上げ下げの接戦をハナ差制しました。 条件ベストのわりには際どい勝負でヒヤヒヤしま

マーガレットSの回顧

こんばんは。 今日は先週日曜日に行われた、マーガレットSと産経大阪杯を振り返ります。 まずはマーガレットSの回顧から。 日曜阪神9R マーガレットS ◎14人気5着 ※クリックして拡大してご覧ください 3f-1f-3f=34.6-11.6-34.6 例年このレースは前半3ハロンのほうが、上がり3ハロンより1秒前後速くなるんですが、 今年は全くのイーブン。例年と比べるとスローで流れました。 勝ったのはクリアンサス。 好スタートから二の脚も速く、早々に単騎逃げに持ち込み、 直線では坂でさらに突き放し、1度も並ばれることなく快勝を収めました。 血

今週の注目馬

統計データ分析予想GKJのメルマガのご登録は、http://www.gkj.jp/magazine.html今週はいよいよ桜花賞ですね。絶対的な本命馬レーヴディソールが脱落したことで、上位拮抗&混戦模様となっております。過去20年の勝ち馬の戦歴を眺めてみましたが、MUST条件がいくつかあるようです!★Special Thanks! ★この人気馬の優勝はなし!?・・・ 過去20年の優勝馬は、例外なステップレースはオープンクラスのレースでした。また、2000年のチアズグレースと2002年のアローキャリーを除く18頭にはある共通点がありました。この馬はこの条件

中山牝馬Sの回顧

バタバタしてて遅くなりましたが中山牝馬Sの回顧です。 土曜阪神12R 中山牝馬S G3 ※クリックして拡大してご覧ください 3f-3f-3f=34.2-35.5-35.7 先週同コースで開催された3つの重賞のうち、 その中で最も厳しいペースだったフラワーCのラップが、 3f-3f-3f=34.7-36.5-35.9 コース替わり、年齢差を考えて比較しても、 中盤3ハロンではちょうど1秒も速いラップが刻まれているように、 非常に速いペースで流れたことに変わりはありません。 先行馬にとっては厳しいレースとなりました。 3連単は244万馬券

日経賞の回顧

こんばんは。 今日は先週土曜日に行われた、日経賞と中山牝馬Sを振り返ります。 まずは日経賞の回顧から。 土曜阪神11R 日経賞 G2 ※クリックして拡大してご覧ください 3f-3f-3f-3f=37.4-37.8-35.7-34.5 同コース良馬場で行われた1000万条件以上戦の平均ラップが、 3f-3f-3f-3f=37.2-37.8-37.4-35.1 コース替わりもあり、依然として時計が出やすい馬場を考え比較すると、 このレースは前半はスロー、そして後半は早い段階から加速する、 ロングスパート気味の瞬発力勝負になりました。 勝った

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

注目!今週のレース一覧★おすすめ競馬予想サイト情報

06月06日(土)
第68回 鳴尾記念【GⅢ】   混沌の情報戦を制せ!   
06月07日(日)
第65回 安田記念【GⅠ】   近代競馬は情報戦だ!