阪神牝馬Sデータチェック【レース傾向】

こんばんは。

ACL第2節はFCソウルに1-1のドロー。
正直もう永井しか見どころのないチームですよね…情けないです。
根本的にどうにかしないと、ACLどうこう言ってられないでしょう。


今週は土曜の阪神牝馬Sと日曜の桜花賞を予想します。
今日は阪神牝馬Sのレース傾向をチェックします。

■阪神牝馬Sデータチェック

まずは近5回のレースラップと、上位馬の位置取りを見てみましょう。

・阪神牝馬Sレースラップ
------------------------------------------------
06 33.8 - 11.2 - 36.2 3- 3① 8- 5② 3- 5⑧
07 34.1 - 11.4 - 35.2 5- 5⑤ 9- 9③ 3- 3①
08 35.4 - 11.8 - 34.2 1- 1⑤ 9- 9① 9- 9⑨
09 35.1 - 11.7 - 34.6 10-11⑦ 6- 5③ 4- 4④
10 33.8 - 11.7 - 34.7 7- 7⑨ 9- 9⑤ 9- 9⑩
------------------------------------------------
(左から年、3f-1f-3f、1~3着馬の通過順、丸数字は人気)

レースラップ自体はバラバラですが、
連続開催の終盤ということもあり、人気を問わず差し馬の台頭が目立ちますね。

今回はこのポイントを切り口に、絞り込みデータを探ってみました。


・阪神牝馬S穴馬絞り込みデータ

今回は近5回、4人気以下で人気以上に走った馬を対象に、
穴になりやすいパターンを絞り込みで探ります。

近5回4人気以下で人気以上に走ったのは【4-1-4-28】の37頭。

このうち「前走芝レースにおいて、4角6番手以下から
上がり5位以内の脚を使っていた馬」が【4-1-2-7】と複勝率は50%にアップします。


やはり前走で中団~後方の位置取りから、速い上がりを使っていた馬の好走確率が高いですね。

あとはやはりこのコースらしく、ダート経験のある馬や、
芝1400の高額条件戦に実績のある馬を狙ってみたいですね。


明日は桜花賞のレース傾向をチェックします。

携帯サイト

ケータイでも運営中!!
お出かけ先でもチェックしてモナ♪

競馬情報ニュース・レース動画まとめ 競馬2ch.comモバイル
http://m.keiba2ch.com/